2018年03月20日

あれから一年。

ちょうど一年前。
習志野高校吹奏楽部として11年ぶりの海外演奏旅行。
ニュージーランドへ演奏旅行に出掛けて(出発)からもう一年。
創部55周年記念事業として、習高吹奏楽部史上初のニュージーランドへ上陸しました。
一言で言うとあっという間の一年。しかしながらその光景は鮮明鮮烈に心の中に刻まれておる自分がいました。今考えると昨年のこの日は、あのような光景になるとは夢にも思わず、不安と希望の中で成田空港を飛び立ちました。

話は変わり、先日3年生の「卒部式」が行われました。そこで毎年文集を作って思いの丈を書いてくれるのですが、NZでの経験や思い出は沢山の生徒が「人生を変える経験」として書き記していました。それだけ人生の中でかけがえのない経験になったのだと改めて思ったところでもありました。

習志野高校吹奏楽部として海外公演で成功を収めることができたのも、習志野市や学校、ご家庭や旅行会社、現地スタッフ等のご協力なしでは考えられません。特に我々の生活全般のお世話をして下さった旅行会社の方々は、演奏会や大会に駆けつけて下さったりと、今もなお親交が深くなっております。

また、このような機会をいただけるように、これからも精進していかなければなりませんね。

創部55周年事業も先月末に開催された「特別演奏会」で一区切りしました。
一昨年の12月下旬から約14か月に渡った「55周年」の冠も心の中にしまわれ今日に至ります。
さらなる飛躍を果たすべく、今日も明日も練習に明け暮れます!

またお会いできる日を部員・顧問一同楽しみにしておりまするんるん


NZ特別演奏会のDVDが発売されています。
各演奏会で販売して参りますのでよろしければご覧ください!
nzdvd.jpg
posted by narashino_brass_nz at 13:55| Comment(0) | 日記

2017年03月28日

ありがとうございました!

本日は普段より遅いスタートでしたが、練習がありました。
海外から帰ってきても、しっかりと活動をします!
我々のホームである”音楽ホール”はやはり居心地が良いもので、
日常の賑やかさが帰ってまいりましたグッド(上向き矢印)

午前中は荷物の整理や諸々の確認、そして先生方からの労いの言葉がありました。
石津谷先生からは「マイケル・ファウラー・センターはアマチュア、ましてや海外の高校生にはとてもじゃないけど敷居が高く、あの場所であんなに大勢の観衆のもと、演奏できたのは幸せ。自身も5回目のバンドの遠征の引率で初めて指揮をしたが、(11年前のタスカルーサの遠征ではお風呂で・・・。ということで指揮をすることはなかったのである。)国歌で総立ち、観衆がみな国歌を堂々と歌う、威風堂々でも歌声が聴こえる。そんなこと日本では考えられない。普通だったらよくて500人くらい、多少頑張っても7、800人くらい、相当頑張っても1,000くらいのお客様が精一杯。そこを1,600人以上が来場したことは、信じられないこと。」とお話されました。

さらには、「今回海外でホストファミリーをはじめとする現地の人に本当によくしてもらった。今度はその経験を逆の立場で出来るような人になって欲しい。たとえば2019年『ラグビーワールドカップ』、そして2020年『東京オリンピック』」。

この経験により夢は膨らむばかりでありますぴかぴか(新しい)


最後に、この「NZ特設サイト」ですが、帰国とともに終了する予定でしたが、
事後の記録としても活用していきたいと思います。
少しずつ覗いてみてくださいね目

ちなみに一日あたりのすべてのページの延べ来場者は最大で9,000人強でした。
ブログをご覧いただきましてありがとうございました!


<おまけ>モバQ
日曜日の石津谷先生の教会でのパイプオルガン写真をご提供いただきました!

IMG_7520.JPG
posted by narashino_brass_nz at 23:23| Comment(0) | 日記

2017年03月27日

ただいま〜

オークランドでの機体トラブルにより、約2時間遅れての成田空港到着になりました。
10時間少しのフライトを終え、成田空港に到着した第一印象は「寒っ!」でした。
沢山の保護者の皆様が迎えに来てくださり、久々の我が子に満面の笑みで対面する姿がありました。

明日から部活動開始です!
ゆっくり休んでくださいね!



8日間お世話になった添乗員さんのお言葉カメラ
image-8e7e5.jpg

一緒に行った3年生と顧問カメラ
image-16237.jpg
posted by narashino_brass_nz at 21:58| Comment(0) | 日記